NISA恒久化見送りのニュースから考えておいたほうがいいこと

恵子

先生、NISAとつみたてNISAはどちらをやったらいいんでしょうか?


みさえ

それはケースバイケースね。NISAとつみたてNISAの特徴を比べて自分に合ったほうを選ぶことね。


少額投資非課税制度は2014年1月からスタートしたNISA(一般NISA)に加え、2018年1月からはつみたてNISAも始まりました。

一般NISAとつみたてNISAはどちらかを選んで利用することになります。

そこで、それぞれの特徴を比較して検討する必要があります。

今回は一般NISAとつみたてNISAを選ぶ際に参考になる情報をお伝えします。

一般NISAもつみたてNISAも投資可能期間がある

一般NISA

一般NISAは毎年の非課税枠(120万円)が金融商品を購入してから5年間課税されません。

現在、NISAは2023年までの制度とされています。

よって、金融商品の購入を行うことができるのは2023年までです。

2023年中に購入した金融商品についても5年間(2027年まで)非課税で保有することができます。

つみたてNISA

つみたてNISAは毎年の非課税枠(40万円)が金融商品を購入してから20年間課税されません。

現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされています。

投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。

2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。

つみたてNISAの注意

つみたてNISAは今のところ、2037年までしか投資信託の購入ができないことになっています。

2018年に積立てをスタートした人は最大800万円(40万円×20年)を非課税で積立てることができます。

けれども、2019年に積立てをスタートした場合は760万円、2020年に積立てをスタートした場合は720万円と非課税で積立てられる金額が減っていきます。

ゆえに、つみたてNISAの利用を考えるなら、すぐに始めたほうがいいのです。

出典:金融庁ウェブサイト(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html)

一般NISAの恒久化が見送られた

それというのも、一般NISAもつみたてNISAも期限付きの制度であるゆえの問題でした。

当然、一般NISAもつみたてNISAも恒久化してほしいという要望は出ていたし、検討もされていました。

そこへ先日、与党の税制調査会でNISAの恒久化が見送られたというニュースがありました。

政府、与党は16日、期限付きで導入された少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化を見送る方針を固めた。恒久化は金融庁や証券業界が求めていたが、現行制度は富裕層への優遇だとの指摘もあり、認めるのは難しいと判断した。

一方、廃止すれば株価に悪影響を与える恐れもあるため、制度設計を見直した上で時限措置で存続させる方法を模索する。若年層など幅広い世代に資産形成を促すために創設された長期積立枠「つみたてNISA」は期限の延長を議論する。

引用文の中に「現行制度は富裕層への優遇だ」というくだりがありますが、年間120万円、5年で600万円の非課税枠が富裕層への優遇というのはどういうことでしょう。

120万円の非課税枠を使いきれるのは資産を持っている高齢者層ということかもしれません。

金融庁のHPではつみたてNISAは特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度と説明されています。

私見ですが、おそらくつみたてNISAを創設する時点で一般NISAは廃止の方針だったのだろうと思います

一般NISAでは株式も対象とされていたので、投資信託の積立て以外の運用スタイルの人も活用できました。

それぞれにニーズがあると思うので、どちらかを廃止するのは残念です。

もし、一般NISAを廃止するならつみたてNISAは恒久化し、いつスタートしても20年間投資できて800万円の非課税枠が使えるようにしてほしいと思います。

また、一般NISAを廃止するとしても何らかの不利益を回避する措置はほしいところです。

まだ何も決まっていませんが、NISAというのは時限的な制度であるゆえに今後どうなるかわからないことも考えながら利用するようにしてください。